創設者の横顔

 幼稚園への思い
子どもたちにとっては、家庭ではできない様々な体験ができる場、 親にとっては育自・共育の場です。
幼児教育は、親にとっても子にとっても『自分さがしの原点』だと思います。 園と家庭が一緒に子育てを考え、楽しみましょう。
 好きな言葉
宮沢賢治の『雨ニモ負ケズ』
それとは別に「富士には大きな裾野がある」「日本一のビルや日本一の大橋には 日本一の基礎がある」 何においても、基礎や根っこが大切。そして見える世界は見えない世界に 支えられていることに気付きたいものです。
 子育ての思い出
幼児教育に専念しすぎて?五人の子育てをほとんど妻に押しつけたようで反省大。
でも今思うと、あの頃五人五色大変でしたが、感動いっぱいの最高にいい時代でした。
 子どもの頃の思い出
近所の友だちと群れあって、裏山で木登り、ザリガニ取り、チャンバラごっこ・・・ 夕暮れまで一杯遊んだこと、竹ソリやスキー、犬小屋など大抵のものは自分で作ったよ。 切り傷だらけで、夏は虫さされ、冬はしもやけが